カテゴリ:震災関連( 5 )
言葉では言い尽くせない
c0112142_143627.jpg

30日に都内でわんちゃんの里親会ボランティアをした後、
その足で、宮城県女川町に向かいました。

今回は通常の災害ボランティアではなく、現地の漁業組合さんからお話を伺って、
今これから足りない物資を搬送するといった内容でした。
食べ物や冬物衣類は十分だけど、春夏物の衣類が足りないとのお話を受け、
Tシャツやら、カーディガンやら、薄手の長袖Tシャツなどの商品(新品です)を
積めるだけ積んで、避難所に伺ってきました。

他にお手伝いできる事があれば...と思って、準備万端で行ったのですが、
現地の消防団の皆様、組合の皆様は震災のあった11日からずっと、行方不明の方の捜索、
ご遺体の収容、また、掃除、瓦礫の片付けなどをされていたので、GWはお休みしたいと
おっしゃっていました。
勝手を言う訳にはいかないので、お手伝いはまた改めて....。

「家やら、車やら、人が波に呑まれて流されて行く様は本当に地獄だった」
「小さくていい、家を建てて、また海の仕事をしたい」
「4月が水揚げの始まる時期だった.....」
「この辺りの人は銀行には預けない、全てのお金が流されてしまった」

と、ポツリポツリと心の中を話してくださいました。

避難所には、小さなお子さんも含め、まだたくさんの方達が避難生活を余儀なくされています。
テレビなどでは、被災地は少し落ち着いて来た。
復興の兆しが。頑張ろう。
などの方向になりつつあるように感じますが、通常に戻りつつあるのは、仙台市街などの
一部で、津波の被害を受けた地域では、復興という言葉を口に出来ないくらい多くの悩みや、
不安、被害の甚大さを感じました。

復興までの道のりは長く、ボランティアや支援も長い目でしていかなければ。

「今の女川を見てもらって、また次、その次と、復興に向けて町が変わっていく様子を
楽しみに、長く見ていってもらいたい」

との言葉が強く心に残っています。

暖かくなってきて、海からのヘドロ、海産物の腐敗などから発せられる強烈な臭いが鼻をつきます。
その中で作業されている自衛隊や、現地の皆様は、本当に大変な思いをされていることでしょう。
自衛隊さんの中には、マスクをしないで作業されている方もいらして、頭が上がりません。

写真は、道中に車の中から撮ったものです。
悲しいお気持ちにさせてしまうこともあるかな、と写真は非公開にしました。
by Mmegu33 | 2011-05-07 00:05 | 震災関連
ひまわり。

小さなお子さんがいる方へ


私のブログにコメントを寄せていただいている方の多くが、小さなお子さんをお持ちだ。
それで知ったり気づいたことなのだが、小さな子どもに災害関連のニュース映像を
見せるのはよくないと思う。


大人でもこれだけ繰り返し悲惨な映像や、危機を訴える情報を浴びつづけたら、不安になる。
身体も心もおかしくなる人が出てくる。
子どもにとって、このような映像がどのような心の傷となって残るかわからない。
テレビを消して、いっしょに歌を歌ったり、絵本を読んだりしてあげてほしい。
危険がなければ外に出るのもいいだろう。
そして災害の情報を知りたければ、ラジオをつけるのがいい。


被災しなかった私たちにできるのは、日常生活をしっかりとすごすことだろう。
こちらが健全でいれば、それだけ被災地への援助もしっかりとおこなうことができる。
被災地のことをかんがえながら、普通に毎日をすごそう。
そしてできることがあれば着実にやる。
「この非常時に」という自粛ムードをうながす言葉があるようだけど、
これは害あって一利なしだと私は思っている。
子どもも大人も、ほがらかに元気で日常ベースから被災地を支えよう。


水の反映さまより転載させて頂きました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ecomom[エコマム]のコラムにも同様のものがあり、様々な情報も掲載されています

■子どもに動画を見せすぎないで→コラムはこちら
■ママが知っておきたい放射性物質のこと→コラムはこちら


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


その他にも、このような言葉も。

■昨日TVで心理学者の方が仰っていたのですが、
日本人はこういう時に我慢する性格なんだそうです。
非被災地では「被災地に比べたら」と我慢、
被災地では「もっと辛い状況の避難所に比べたら」と我慢、
過酷な避難所では「亡くなった方に比べたら」と我慢…
これは長期的にみると精神的に良くないそうです。
我慢は大事だけど、時には「こうしたい!」と言う事も大事。
可能ならば自分を甘やかす事も大事。
ゆっくり子供たちとおやつの時間を過ごすだけで楽になりました。


この方はきっと、被災地の事を忘れましょうと言いたかったわけでも、
贅沢してみようよ、と言っているわけでもなく、
頑張れる人が気を落として落ち込んでいたんじゃ、何もならないじゃない。
それなら、頑張れる余力のある人(非被災地)は、まず一呼吸、
自分の心をケアして、
そして次に向かって、被災地のみんなの為に頑張りましょうよ!
と言いたかったんだと思う。

記事は→こちら


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


c0112142_234359.jpg


今、声を大にして言いたいことを言っちゃいます!

子供たちは日本の未来です、希望です、たからです。
全国のお母さん、いつも本当にありがとう!!
そして毎日、お疲れ様です。
お母さんは、家族のために「ひまわり」でなくてはいけない存在で、
だからこそ、気を張ってしまっているお母さんがいるかもしれない、
「頑張らなきゃ」って頑張りすぎてるお母さんがいるかもしれない。
そんなお母さんが心配です。
もし、気を緩めたい時があったり、たまにはグチも言わせてヨっ、
という時、どうぞコメント欄でも、メールでもくださいね*

きっと聞くだけになって、ちっともお役にはたてないけれど、
これからもずっと応援しています。
被災地のお母さんたちに、心からのエールを!!
by Mmegu33 | 2011-03-31 00:13 | 震災関連
【災害直後のトラウマ予防ケア】
c0112142_1817579.jpg


【災害直後のトラウマ予防ケア】

大震災のようなトラウマ的な出来事が起こると、
私たちの安心感と、将来を予測できるという感覚が脅かされます。
これによって私たちの中の強い身体的・感情的反応が引き起こされることがあります。
こうした反応は正常です。
災害直後のトラウマ予防ケアは、あなた自身、家族、友人たちがトラウマ的な出来事を
目撃したり、聞いたり、実際に体験したことに対して、
どのような援助ができるかについての情報を与えるものです。

〈身体的な反応〉
•この種のストレスに対して、身体的な反応が出ることは自然なことです。
なのでこうした反応を怖がらないようにしましょう。
「活性化」のサインを認め、それを怖がらないことが大切です。
•心拍が速くなる
•呼吸困難
•血圧の上昇
•胃が縮む、喉がつかえる
•筋肉の震え
•皮膚が冷たくなり、思考がぐるぐるする
•上記のような反応に抵抗しなければ、やがて消えていきます。

〈役に立つ反応〉
私たちは、自分たちの神経系が過剰に刺激されたときに、
どのようにそれらを解放するかを理解することで、神経系のバランスを
取り戻すことができます。以下はその例です。
震え、発汗
身体の温かさ
お腹が鳴る
深い呼吸
泣く、笑う
こうした反応は良いものです。

つまり、エネルギーのいくらかを解放し、バランスを取り戻しつつあるということです。
私たちがやるべきことは、ただ身体に何が起きているかを、
批判することなく観察することです。
自分たちがどう感じるかをただ感じるままにして、それがやりたいことをやるだけの
時間を与えてあければ、身体は自らバランスを取り戻す内的な力を持っているということを
理解するだけでいいのです。

〈やるべきこと〉
「グラウンディング(地に足をつけること)」し続けることが非常に重要です。
もし方向感覚を見失ったり、混乱したり、取り乱したり、信頼できない感じがしたら、
以下のエクササイズをやってみるといいでしょう。

•椅子に座り、地に足がついているのを感じます。
太ももを押し、座面に触れるお尻を感じ、背中が椅子に支えられているのを感じます。
周りを見回し、赤か青の色がついているものを6つ選びます。
これにより今この瞬間にいること、より身体が地についていることを感じられるようになります。
呼吸がゆっくりと穏やかになっていくのに気づきましょう。
外に出て草の上に静かに座りたくなるかもしれません。
地面に座りながら、大地にお尻が支えらているのを感じてください。

•次に紹介するエクササイズは、身体が感情を囲い込む「入れ物」として
感じられるようになるためのものです。
身体の各部分を手でやさしくぱたぱたとたたいてみましょう。
手首に力を入れないようにしましょう。
あなたの身体がよりちくちくしたり、生き生きしたり、はっきりと感じられるかもしれません。
感情によりつながりやすく感じられるかもしれません。

•もう一つのエクササイズは、部位ごとに筋肉を緊張させることです。
胸に腕を巻き付けて肩を抱き、しっかり握り、腕を上から下までたたきます。
同じことを足でも行います。足を緊張させ、外側からつかみ、足を上から下までたたきます。
背中を緊張させ、身体の前を緊張させ、それからゆっくりと緊張をゆるめます。
これによってあなたや周りの人がよりバランスを取り戻す助けになるでしょう。

•スポーツや、エアロビクス、ウエイトトレーニングは、
うつ状態の回避や攻撃性のはけ口として役に立ちます。



(文責:ジーナ・ロス/ピーター・リヴァイン。 本文の内容はトラウマ療法ソマティック・エクスペリエンスなど複数のメソッドに依った。訳:藤原千枝子)

水の反映さまより、転載させて頂きました。
by Mmegu33 | 2011-03-30 00:01 | 震災関連
【災害時のメンタルケア】
c0112142_1114738.jpg


【災害時のメンタルケア】

◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。
こういう時は何かをしたくてたまらなくなりますが、
まずはその自分自身の感覚に意識を向けてみましょう。
細々意識してみることをトラッキングといいます。
自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、不安エネルギーをまき散らしているかによって、
様々なことが違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。
*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、
妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、
即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます。
(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)
人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。
こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

*私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!*

トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。

サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらす
ネガティブなインパクトは甚大だったといいます。


◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。


◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、
身近な人に伝えてみてください。
もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

特にメディアが繰り返し繰り返し流す悲惨な映像によって
距離が保てなくなり
自分が生きていることに罪悪感を感じてしまったり、
全く逆に現実感を失って自分がここにいる感覚がボンヤリしてしまったり
・・・という声が次々届いております。

自分を見失うことなく
冷静な判断ができるように。

命が守られますように・・・。


【災害時のメンタルケア】は、
トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンス®(SE)
の療法家(米国在住)から届いたサポートメールをSEプラクティショナー
であり臨床心理士の藤原千枝子とSEトレーニーであり臨床心理士である
牧野有可里がまとめたものである。

水の反映さまより、お借りしました。
by Mmegu33 | 2011-03-30 00:00 | 震災関連
ご報告

東北地方太平洋沖地震支援

日本赤十字社のサイトに繋がらず、内容を確認いたしましてひとまず
本日、国際協力NGO ピースウィンズ・ジャパンへ、
お店の売り上げも含めまして、寄付させて頂きました。

お買い物してくださった皆様、本当にありがとうございました。
by Mmegu33 | 2011-03-12 15:35 | 震災関連
Blog Top