カテゴリ:Cat/Dog...動物たち( 17 )
アニマルコミュニケーション。

写真を撮られているうちに、だんだん眠くなってきた我が家の王子。
c0112142_09685.jpg

先月の3週に渡って、AC(アニマルコミュニケーション)を勉強した。
むむむぅ〜、難すぃ。

先生とクラスメイト達、最高に素敵だった。
たくさん練習しなくっちゃ。
by Mmegu33 | 2012-06-01 00:00 | Cat/Dog...動物たち
とったどー。
c0112142_08632.jpg

うっふっふ。
by Mmegu33 | 2012-05-31 00:00 | Cat/Dog...動物たち
忍び寄るなにか。
c0112142_4329.jpg

vivre sa vieのモコさんからお土産に頂いた焼き菓子♡
すごく可愛い形で(羊さんだと思う)、アルペンザルツな感じ。
食べてしまう前に、撮影 撮影と思って準備していた時のおはなし。

もちろん、死守しましたともっ。
by Mmegu33 | 2012-05-25 00:00 | Cat/Dog...動物たち
ずっとそのままで。
c0112142_40770.jpg


きみはずっと、いつも、いつまでも、今のままでいてね。

そのままの君が、大好きなんだ。

年を取って 若い頃とは違っても、そのままの君がいいんだ。
by Mmegu33 | 2012-04-27 00:00 | Cat/Dog...動物たち
もう一度
c0112142_23584115.jpg

もう一度、福島へ。
お馴染みとなった保健所でのスクリーニング。


ねこさま王国」さん、「ニャンとも素敵な時間のススメ」さんチーム
とご一緒させて頂きました。
私の手伝えることなんて微々たるもので、ご一緒させて頂くのが申し訳ないくらい。
ねこさま王国さんと一緒に活動されている他団体の皆様、個人レスキューの皆様の
頑張りと、その行動力、動物を想う気持ちには、毎回感動させられます。

今回、あまりにも力不足なのでキャリーを多めに、それとリードを用意して参加。
使わなかったリードを、個人ボランティアの犬班Aさんに託すと、

「うわぁーーい!嬉しいー。これでまた保護できる♪」

「あれ?でもリードでこんなに喜ぶ私、なんか間違ってない?(笑)」って!

この方達は現場で本当に懸命に活動されています。
みなさま、命を繋いでくれて本当にありがとう!!


※保護した後も大変です。医療費や食費、とてもかかります。
どこかを支援したいなーと思われている方がいらしたら、どうぞ
ねこさま王国
ニャンとも素敵な時間のススメ
のブログをお読みになって、応援してあげてください。お願いします。


c0112142_23583889.jpg

こちらの子は、妊婦さん。
ここまで生きていてくれたんだ!ありがとう。
おなかの子達も、みんな元気で産まれてほしい。
この子は「ニャンとも素敵な時間のススメ」さんのところへ、一時搬送されました。

そして!飼い主さんがわかったそうですーー!!
わーい。
お名前は「ネネちゃん」でした*
良かったね、頑張って良かったね!!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


改めて、動物達から学ぶことはとても多い。
その生命力や、忠実さ、そして人間に与える無償の愛。

どんなに苦しい状況にいても、お家を守ったり、仲間と助け合ったり、
じっとこらえて我慢したりできる、強い心。

置いてかれて、ずっと寂しくて、お腹が空いて辛くて、喉が渇いて苦しくて、
何でだろう?何でいなくなっちゃったの?って悲しくて、孤独で怖くても、
それでもまた、人を信じて飛び込んでくる健気な心。

一生懸命に生きて、生きようとして、飼い主さんをずっと待ってるんです。

私はその一つでも出来るだろうか。

もし神様がいるのなら、20キロ圏内で、今なお必死で生き抜いている動物達に
どうか手を差し伸べてくださいと、そう伝えたいです。

More...テレビでは
by Mmegu33 | 2011-06-05 00:00 | Cat/Dog...動物たち
原発、計画避難地域の動物レスキュー
c0112142_189274.jpg

(下の記事からの続きです)

3日目からは福島へ入り、動物達のレスキューボランティア。
気持ちだけが先走っていたけど、やっとこれました、福島!
原発20〜30キロ圏内、主に計画的避難区域にて活動しました。

上の写真は20キロ(警戒区域)との境目。検問があり、中には許可証が無いと入れません。
こういった立ち入り禁止の場所がいくつもあり、ココへ行きたいと思っても、道を探すのが大変。

c0112142_18124881.jpg

ご一緒させて頂いたのは「ねこさま王国」さん。
もう本当に、頑張ってます!足手まといになっていなければ良かったんだけど...。
活動ブログでは、緊急を要する飯舘村の状況がよくわかります。
浪江町も一刻を争う状況にあるようです。

私達は、東北地震犬猫レスキュー.comの賛同団体として参加。

c0112142_344104.jpg

飯舘村役場で、犬猫みなしご救援隊さんに会いましたー。

二度と20キロ圏内のような現状をつくらない為、計画避難指定地域内(20~30キロ圏内)の
ペットたちを率先して保護する活動をメインに。避難に際しペットの状況を聞いてまわり、
依頼があればその子達を保護し、一時預かりまたは里親探しを行うことをしています。
放浪犬や放置犬(猫ちゃんも)の確認、保護活動も共に行いました。

役場も動いてはくれていますが、まだまだ周知されておらず、内容も不明瞭。
飼い主さん達は、みんな悩んでいました。
あるおじいちゃん、おばあちゃんは「お金ないから避難しない。」と.....
飯舘村は全域が計画的避難区域なので、避難しなくてはなりません。
そのお家のネコちゃんについて尋ねると、この子はあまり遠くへは行かないから、と。
何とかしてあげたいけれど、何も出来ない。
お困りの時は、愛護団体へ連絡してくださいね、と言うしか出来ませんでした。

他にも「べこ(牛)もいいのか?」と懸命に聞いてこられるおじさん。
気持ちをしっかり持っていないと、涙が溢れてしまう....。
まだ全然回りきれなくて、伺っていないお家のコ達はどうなんだろうと心配です。
     → 飯舘村の伴侶動物レスキューはUKC JAPANさんがされるようです(5/11追記)

現場で必死で努力している人がたくさんいて、それと同時に悲しい思いを抱えて
必死で一時預かりや里親探しをご希望される飼い主さん達がいて....。
インターネットなどの情報の伝達手段が少なく、預かってもらえる場所があることも
知らない方がほぼ100%。一軒々、伺っていく事が一番の方法の現状では、時間が足りません。
これが現実なのに、政府はなぜ 何もしてくれないの?
なぜ、飼い主の気持ち、小さな命に手を差し延べてくれないの?

数が多すぎてゲージもすぐに底をつく。
一時預かりさんやシェルターの数も圧倒的に足りなくて、本当はきっと、民間ボランティアの
許容範囲を超えているのに、動いているのは民間ボランティア。
こんな時なんですから、民官で協力できるよう、政府も少しは考えてくださいよ。

国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。マハトマ・ガンジー

私個人なんかにお手伝いできる範囲は少なくて、ただただ自分の小ささが情けない。
頑張ってくださっているボランティアの皆様、本当にありがとう!!

c0112142_23191332.jpg

これが20キロ〜30キロ周辺と、計画避難地域のマップ。(わかりやすいものをお借りしました)
マップでは隣の村と繋がっているのに、思うように進めない....。

宮城から福島の南相馬に向かう途中に、こんな場所も。
津波被害、原発被害、風評被害、どこまで苦しめるんだ!と辛い気持ちになります。
c0112142_2257216.jpg


More(活動記録)
by Mmegu33 | 2011-05-07 00:49 | Cat/Dog...動物たち
まだまだ諦めない!
Love&Lightさんより転載

★ 被災動物の支援・救援にご協力をお願いします ★

動物救助要請は 「被災者を助ける事」であり、「支援」 でもあります!

4月22日現在、環境省で警戒区域内に遺された動物の保護の件などを検討中という
報道がありましたが、現状は何も変わって無いどころか警戒区域実施により
食べ物・水を与えられなくり、事態は悪化しています!!
特に原発3キロ区域内は住民の一時帰宅も禁止している地域で、
この場所に残された動物はこのままでは餓死します。
この地域に出入りできる自衛隊に動物達への給水・給餌してくれるよう
どうか要請して下さい!
又、一時帰宅時に 動物(ペットを含む)を連れ出しが許可されるよう、
こちらも重ねて嘆願要請、願います

今後も継続して、救助救援の要請を続けて下さいますよう、皆様にお願いいたします
「継続は力なり!」です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

動けないお年寄りや、口の聞けない、人に飼われていた動物達は自力では出られません。
そして そんな力は、既に残ってはいません

現地は 食べ物もなく、飲む水もなく、、。地獄です。
ある動物保護団体が被災者に依頼され、原発20Km圏内の家に置いてきた
数匹の猫を救助しに行ったところ、そこで起こっていたことはまさに地獄。。
水もない、ゴハンもない、その室内で起きていたことは数匹の猫同士の共食いでした。

私はその現場の写真を見ました。最初は飢えた犬か、何かに食べられたのかと思いました。
しかし、、実際には窓ひとつ開いてない室内。
そう・・共食いが起き、すべての猫は死亡。余りに凄惨な状況です。

肉食ですから、お腹減り、極限に達すれば弱いものから 狙われるのは宿命かもしれません。
しかし、しかし、家族だったのです
それなのに、そこまでに猫たちを追い詰めたのは人間です。
閉じ込められた室内に置いて行かれた猫たちは、自分たちでは、ゴハンも水も
得ることは出来ません。
飼主が悪いわけじゃありません。 すぐに戻れるとの指示を信じたに過ぎません。
飼主さんは、この猫たちの死のことで 恐らくは長く、苦しむでしょう。。
あまりに辛い現実です。保護団体の方も、飼主さんへどう伝えたらいいのか
さぞ、辛かったことと思います。

今、原発避難区域ではこうした現状が起きてます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

もし、これをご覧になって、こうした惨状から動物達の命を助けたい、何か力になりたい!
・・そう思った方は、どうか 動いてください、力になってください。

こうした状態を「可哀想だね、酷いね」と言っているだけでは なんにも変わりません。
パソコンの前で、座っていても出来ることがあります!!
今 この瞬間に 出来ることは限られているけど 限られた中でも
やるのと、やらないのでは 大きな違いです!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Love&Lightさんには嘆願メールの参考文などが掲載されています。

嘆願先の1番新しいまとめがされています。
被災地動物情報のブログ
こちらのページ→http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10875453309.html

出来ることをやらないで後悔することはしたくありません。

どうか、同じお気持ちをお持ちの方!一緒に訴えてください。

お願い致します。
by Mmegu33 | 2011-04-28 17:21 | Cat/Dog...動物たち
【緊急】オシラセいろいろ
c0112142_163049.jpg


4月19日に「NPO法人 アニマルレフュージ関西」へ残りの2万円を寄付致しました。
もうやっぱり見ていられなくて、被災動物達に寄付させて頂きましたこと、
どうかご理解くださいませ。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

ARKの活動ブログは→ARKなしっぽ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


※嘆願先、文章のサンプルなどはこちらの記事にまとめました。(5/18追記)


避難所などにおられるオーナーさまで、ご家族のわんちゃん猫ちゃんを
お探しの方は、こちら→東北地震犬猫レスキュー.comをご覧になってみてください。
保護されている可能性があります。

c0112142_19362.jpg


Animal Finder アニマルファインダー
東日本大震災ペット消息情報・福島原発ペット避難情報
http://pets.rouranca.com/animal-finder/

震災で迷子ペット(迷い犬、迷い猫)を探している人、保護している人
http://pets.rouranca.com/animal-finder/animal_search
by Mmegu33 | 2011-04-20 00:00 | Cat/Dog...動物たち
署名


以下の署名は、3月末日着分までを一度、区切りにしておりますが、
延長する可能性もあるとのことでした。

ですので、引き続きよろしくお願い致します*

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


2011年は、5年に1回の動物愛護法改正の年。

みんなの力で変えて行きたい!!

よし!賛同したる!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ

一般社団法人日本動物虐待防止協会」のHPを見てみてください。

内容の詳しくは→こちら

署名用紙ダウンロードは→こちらのページから

パブリックコメントはこちらのページで受け付けられる予定です。


署名の送り先は、以下のようです。
153-0064
東京都目黒区下目黒郵便局留め
「動物愛護管理法を見直す会」運営事務局


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
by Mmegu33 | 2011-03-07 11:08 | Cat/Dog...動物たち
思いっきり、言っちゃいます


今日、「ペットショップの深夜営業を規制しようという動きが出ている。」
というニュースを見つけた。

そこには、

〉ただしそう簡単には深夜営業の廃止が決まらないようだ。
〉というのも理由としては深夜営業によって動物が受けるダメージに関し
〉医学的にも科学的にも証明されていないこと。
〉また、深夜営業業者にも販売の自由や流通の自由が保障されているため、
〉反発は避けられないなどの理由からだ。

と書いてあった。

医学的にも科学的にも証明されていない?
人が同じ扱いを受けたら、ダメージ無いのか?
大いにダメージがある(精神的にも)のは火を見るより
明らかで、虐待と言われる行為ですよね?
生まれて間もない赤ちゃんを、小さな空間に閉じ込めて、
夜中にまで煌煌と光を当てられて、酒臭い息をかけられる事だってある。
その行為が「動物」には大丈夫なんてこと、あるわけがない。

深夜営業業者にも販売の自由や流通の自由が保障?
本当に、頭のおかしい日本の自由。
何でもかんでも「自由」と言えば先進国なんて、
バカなんじゃないかと思う。
この国のお偉いサン達は、一体 何を考えているんでしょうか?

深夜営業の販売業者には、他の「モノ」を売ってください。
「命」は売らないでください、と言いたい。
まず根本的に、夜中に売る理由がわからない。
ネット販売も同様。


まだまだ甘い、日本の動物愛護。
でも少しずつでも、良くなってもらいたい。
この法案が成立する事を願います。
一刻も早く。


うーん、罵詈雑言だらけになってしまいましたが、
もう、お怒りMAXで.....。(汗)
お付き合い頂いた皆様、ありがとうございます。
そして、すみません.....。
by Mmegu33 | 2011-03-06 18:04 | Cat/Dog...動物たち
Blog Top