本とは?
c0112142_21194619.jpg


いろいろな事に、少し疲れてしまった時、私は「本」を探します。
スススっと惹かれたものが、その時の自分に必要な要素。
その内容は、どんなものでも良いのです。

普段の生活には役立ちそうもない作り話でも、
有名な文豪の作品ではなくても、
難しい知識に溢れていなくとも、
ただ感性で選び、ただ無心で読み進めていくだけ。

本の中には、様々な世界が広がっていて、
「文字」を通して、「生命力」を感じ、
景色、香り、音や声が伝わってくる、
想像の中の現実を、ほんのわずかな時間ですが、
生きる事ができると思うのです。


今回は、いわゆる自己啓発本と呼ばれているものも、6冊程読みました。
この手の本からは「生命力」を感じる事が出来ないので、
いつもなら絶対に手に取らないのですが、初めてスススっとなったので、
食わず嫌いも良くないだろう、と読んでみる事にしたのです。

んー、でも、どれを読んでも同じに感じてしまうのです。
筆者の性別も年代も、肩書きも、違うものを選んだのですが.....。
きっと私には、1、2冊で十分だったのだと思います。

その中で違いを感じ、良かったものを2冊。

1冊は「賢人の知恵」

この本からは、余裕が無くなった時の心のドロドロを見直す機会や、
人間として、よりよく生きる知恵を得たように思います。
(それを生かせるかは、置いておいて.....笑)


c0112142_0462598.jpg


そしてもう1冊は「あたりまえのことをバカになってちゃんとやる」

これ、とても良かった。本は好みの差が大きいと思うので、
あくまで個人的意見ですが、
言いたい事が明快に伝わって来て、エッセイなどによく見られる、
自慢たらしい言い回しも感じず、最後まで気持ちよく読めました。

これからは、
あたりまえのことを、バカにしてやらない....ではなく、
あたりまえのことを、バカになって、もっとちゃんとやろう!
by Mmegu33 | 2009-05-09 00:00 | 日々のこと
<< まわる。 Blog Top Bagとオデカケ。 >>