まずは、そこから。


“ひとごと”でいる限り残酷な現実は消えない。

知らずにいたり、目をそむけることは簡単。

でもあえて直視したとき、どこかで小さな希望が生まれるとしたら……。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


2011年は、5年に1回の動物愛護法改正の年。

みんなの力で変えて行きたい!!

よし!賛同したる!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ

一般社団法人日本動物虐待防止協会」のHPを見てみてください。

内容の詳しくは→こちら

署名用紙ダウンロードは→こちらのページから

パブリックコメントはこちらのページで受け付けられる予定です。



どうぞよろしくお願いします。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まずは、そこから。_c0112142_026549.jpg

映画「犬と猫と人間と」

※LINKにいつも寄付しているアニマルレフュージ関西/ARKさんが載っていました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


殺処分の為にガス室の中に入れられた犬達の目は、胸が締め付けられるほど、

怯えていて、不安そうで、見るに耐えない、出来れば目をそらしたい。

でも、私に出来ること、するべきことは、そのことを「知らないこと」にはしないこと。

目をそらさないこと、知ろうとすること、知ってもらおうと努力すること。

まずはそこから。



まずは、そこから。_c0112142_1301125.gif

代表:マルコ・ブルーノさんの「動物愛護支援の会


こちらのサイト内にある日本では珍しくない話しページや、
人間にも天にも見放された命ページには、日本の散々な有様が、山のように載っています。
こんな日本にいるなんて、人間として恥ずかしい。


このページの「来世、君は犬として日本に生まれないように祈っています」と
いう言葉に、本当にそうだな、と強く思うと同時に、恥ずかしい、とも感じざるを得ません。

悪徳ブリーダーの話には、気持ちの置きようがなく、ハラワタ煮えくり返った!

「動物愛護センター(保健所)」の実態は「動物殺処分センター」。


こんなんなんです、日本という国は。
by Mmegu33 | 2011-03-05 00:00 | Cat/Dog...動物たち
<< 思いっきり、言っちゃいます Blog Top やさしい暮らし >>