もう一度
c0112142_23584115.jpg

もう一度、福島へ。
お馴染みとなった保健所でのスクリーニング。


ねこさま王国」さん、「ニャンとも素敵な時間のススメ」さんチーム
とご一緒させて頂きました。
私の手伝えることなんて微々たるもので、ご一緒させて頂くのが申し訳ないくらい。
ねこさま王国さんと一緒に活動されている他団体の皆様、個人レスキューの皆様の
頑張りと、その行動力、動物を想う気持ちには、毎回感動させられます。

今回、あまりにも力不足なのでキャリーを多めに、それとリードを用意して参加。
使わなかったリードを、個人ボランティアの犬班Aさんに託すと、

「うわぁーーい!嬉しいー。これでまた保護できる♪」

「あれ?でもリードでこんなに喜ぶ私、なんか間違ってない?(笑)」って!

この方達は現場で本当に懸命に活動されています。
みなさま、命を繋いでくれて本当にありがとう!!


※保護した後も大変です。医療費や食費、とてもかかります。
どこかを支援したいなーと思われている方がいらしたら、どうぞ
ねこさま王国
ニャンとも素敵な時間のススメ
のブログをお読みになって、応援してあげてください。お願いします。


c0112142_23583889.jpg

こちらの子は、妊婦さん。
ここまで生きていてくれたんだ!ありがとう。
おなかの子達も、みんな元気で産まれてほしい。
この子は「ニャンとも素敵な時間のススメ」さんのところへ、一時搬送されました。

そして!飼い主さんがわかったそうですーー!!
わーい。
お名前は「ネネちゃん」でした*
良かったね、頑張って良かったね!!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


改めて、動物達から学ぶことはとても多い。
その生命力や、忠実さ、そして人間に与える無償の愛。

どんなに苦しい状況にいても、お家を守ったり、仲間と助け合ったり、
じっとこらえて我慢したりできる、強い心。

置いてかれて、ずっと寂しくて、お腹が空いて辛くて、喉が渇いて苦しくて、
何でだろう?何でいなくなっちゃったの?って悲しくて、孤独で怖くても、
それでもまた、人を信じて飛び込んでくる健気な心。

一生懸命に生きて、生きようとして、飼い主さんをずっと待ってるんです。

私はその一つでも出来るだろうか。

もし神様がいるのなら、20キロ圏内で、今なお必死で生き抜いている動物達に
どうか手を差し伸べてくださいと、そう伝えたいです。




c0112142_23584747.jpg

福島県全域なのかはわからないのですが、テレビでは↑このようにL字で、
各地域の線量を知らせるテロップが流れています。
やっている番組とのギャップがありすぎて...言葉がない。
こんな事が日常の中にあるなんて、本当に信じられません。
by Mmegu33 | 2011-06-05 00:00 | Cat/Dog...動物たち
<< 6月のお店のお知らせ Blog Top アレンジレシピ >>