<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
花力
花力_c0112142_14424886.jpg


先日、我が家に素敵な贈り物が。
少しキューっとなっていた心が癒された瞬間。
贈ってくださった方へ、心からのありがとう!!

花や緑のちからって、本当にすごいなーと感じる。
存在そのものが美しく、力強く、そして健気。
いやされるー❤

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最近はハンドメイドもアクセサリーも一切登場せず、
今まで遊びに来てくださっていた方が引いてしまっているのではないか...
と不安に思いつつも、自分を止める事が出来ずで(汗)
大変申し訳ありません。
でも、以下の内容まだ諦めていません!
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

本日より、少し家を空けます。
自分に今、出来る事を探しに行って参ります。

ご注文頂いているアクセサリーの発送が、お休み明け以降からの
開始となってしまいそうです。
お待たせ致しますが、どうかお許しくださいませ。
また、お問い合わせのアクセサリーに関しましてのお返事も、
しばしお待ちくださいー!!すみません。

それから、EXPACK500の発送方法にてご注文頂いているお客様に
お知らせ&お願いです。
現在、クロネコヤマトさんでは、お荷物1個につき10円が被災地に寄付
されることになっています。

クロネコヤマトさん寄付の詳細

ですので、勝手を申しますが、クロネコヤマト宅急便にて発送させて
頂きたいと思っております。もし、ご都合が悪い場合には、どうぞご連絡くださいね!
送料はEXPACK500のままでお送りしますので、変更などは無しです*
by Mmegu33 | 2011-04-30 00:00 | 日々のこと
まだまだ諦めない!
Love&Lightさんより転載

★ 被災動物の支援・救援にご協力をお願いします ★

動物救助要請は 「被災者を助ける事」であり、「支援」 でもあります!

4月22日現在、環境省で警戒区域内に遺された動物の保護の件などを検討中という
報道がありましたが、現状は何も変わって無いどころか警戒区域実施により
食べ物・水を与えられなくり、事態は悪化しています!!
特に原発3キロ区域内は住民の一時帰宅も禁止している地域で、
この場所に残された動物はこのままでは餓死します。
この地域に出入りできる自衛隊に動物達への給水・給餌してくれるよう
どうか要請して下さい!
又、一時帰宅時に 動物(ペットを含む)を連れ出しが許可されるよう、
こちらも重ねて嘆願要請、願います

今後も継続して、救助救援の要請を続けて下さいますよう、皆様にお願いいたします
「継続は力なり!」です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

動けないお年寄りや、口の聞けない、人に飼われていた動物達は自力では出られません。
そして そんな力は、既に残ってはいません

現地は 食べ物もなく、飲む水もなく、、。地獄です。
ある動物保護団体が被災者に依頼され、原発20Km圏内の家に置いてきた
数匹の猫を救助しに行ったところ、そこで起こっていたことはまさに地獄。。
水もない、ゴハンもない、その室内で起きていたことは数匹の猫同士の共食いでした。

私はその現場の写真を見ました。最初は飢えた犬か、何かに食べられたのかと思いました。
しかし、、実際には窓ひとつ開いてない室内。
そう・・共食いが起き、すべての猫は死亡。余りに凄惨な状況です。

肉食ですから、お腹減り、極限に達すれば弱いものから 狙われるのは宿命かもしれません。
しかし、しかし、家族だったのです
それなのに、そこまでに猫たちを追い詰めたのは人間です。
閉じ込められた室内に置いて行かれた猫たちは、自分たちでは、ゴハンも水も
得ることは出来ません。
飼主が悪いわけじゃありません。 すぐに戻れるとの指示を信じたに過ぎません。
飼主さんは、この猫たちの死のことで 恐らくは長く、苦しむでしょう。。
あまりに辛い現実です。保護団体の方も、飼主さんへどう伝えたらいいのか
さぞ、辛かったことと思います。

今、原発避難区域ではこうした現状が起きてます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

もし、これをご覧になって、こうした惨状から動物達の命を助けたい、何か力になりたい!
・・そう思った方は、どうか 動いてください、力になってください。

こうした状態を「可哀想だね、酷いね」と言っているだけでは なんにも変わりません。
パソコンの前で、座っていても出来ることがあります!!
今 この瞬間に 出来ることは限られているけど 限られた中でも
やるのと、やらないのでは 大きな違いです!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Love&Lightさんには嘆願メールの参考文などが掲載されています。

嘆願先の1番新しいまとめがされています。
被災地動物情報のブログ
こちらのページ→http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10875453309.html

出来ることをやらないで後悔することはしたくありません。

どうか、同じお気持ちをお持ちの方!一緒に訴えてください。

お願い致します。
by Mmegu33 | 2011-04-28 17:21 | Cat/Dog...動物たち
【緊急】オシラセいろいろ
【緊急】オシラセいろいろ_c0112142_163049.jpg


4月19日に「NPO法人 アニマルレフュージ関西」へ残りの2万円を寄付致しました。
もうやっぱり見ていられなくて、被災動物達に寄付させて頂きましたこと、
どうかご理解くださいませ。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

ARKの活動ブログは→ARKなしっぽ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


※嘆願先、文章のサンプルなどはこちらの記事にまとめました。(5/18追記)


避難所などにおられるオーナーさまで、ご家族のわんちゃん猫ちゃんを
お探しの方は、こちら→東北地震犬猫レスキュー.comをご覧になってみてください。
保護されている可能性があります。

【緊急】オシラセいろいろ_c0112142_19362.jpg


Animal Finder アニマルファインダー
東日本大震災ペット消息情報・福島原発ペット避難情報
http://pets.rouranca.com/animal-finder/

震災で迷子ペット(迷い犬、迷い猫)を探している人、保護している人
http://pets.rouranca.com/animal-finder/animal_search
by Mmegu33 | 2011-04-20 00:00 | Cat/Dog...動物たち
100,000年後の安全

映画『100,000年後の安全』


お振込確認のメールや、メールのお返事を差し置いて、
映画『100,000年後の安全』を観てきました。すみませんです....。
確認後、順次制作に入っております!
お振込の確認メール、お問い合わせへのお返事、もうしばらくお待ちくださいませ。


この映画はドキュメンタリーで、これからの原発をどうしていくか...ではなく、
今既に世界に25万トン以上あるとされる高レベル放射性廃棄物をどうしていくのか、
を人類に問う作品でした。
安全になるまでには、最低10万年という気の遠くなるような月日を要する
高レベル放射性廃棄物を、不確定な想像の中の”未来の人”達に残すこと、
100年後には尽きると言われているウランを、10万年間もの負の遺産にしながら
「火」に換えていることを、今を生きる人類はどう受け止めていくべきでしょうか。
少なくとも私は、後悔を感じます。
しかしながら、地球を傷つけない方法での代替え案を模索していかねばならず、
すぐに世界中全ての原発を止める事は難しいとも感じています。
けれど、放射性廃棄物を完全に処理できる技術や、
原子力を完全にコントロールできる技術などが無い限り、
やはり依存するべきエネルギーではなく、今の人類には時期尚早であると思うのです。
少なからず、地震大国であり国土の狭い日本には、そうでない国々よりも遥かに確実な
技術が必要とされているはずなのです。

原発推進派の方にも、是非見てもらいたい映画です。


映画『100,000年後の安全』


日本の高レベル放射性廃棄物に対する姿勢や、その廃棄処理施設の設備などは
改めて考え直す必要があると、私は思います。
後悔先に立たず という先人の教えがあるのに、まさに日本は見切り発車です。
フィンランドは5基の原発からの放射性廃棄物について、真剣に考えています。
54基の原発が稼働し、計画中や建設中が20基もある日本はどうでしょうか。
ここで足を止めて、利権は無し、商業ベースの考えも無しで、
この便利だと思われている、圧倒的なエネルギーの先を考えなくてはいけないところに
来ていると思いますし、これからの日本の原子力がそのようになっていく事を切に願います。

そして今まで、エネルギーのあり方を考えず、豊富な電気を使ってきた
自分の生活を見直し、身の丈にあった電力使用を心がけたいと思います。


『100,000年後の安全』の入場料(一般料金)より200円を福島県の社会福祉課に
義援金として寄付されるようです。
義援金 は家屋が全半壊したり、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関連して
避難指示を受けたりした計約6万5000世帯に分配されます。

※義援金振込先:ゆうちょ銀行 福島県災害対策本部 00160-3-533
by Mmegu33 | 2011-04-19 00:00 | 日々のこと
オシラセいろいろ。
オシラセいろいろ。_c0112142_164569.jpg


アクセサリーは無くても困らないもので、今アクセサリーなんて必要?
今、作っている場合なのかしら?と自問自答していましたが、
被災地の方達が復興に向かわれ、そして、[今を生きる]から[明日を思いながら生きる]
に変わったときにもう一度、生活の彩りとして、アクセサリーの可愛さや、天然石の美しさ、
アクセサリーを選ぶ時のワクワクを楽しめるような気持ちになってほしい。
そしてそのお気持ちのそばにいられるように、という想いでいます。
ですので私はやっぱり、細く長く、今まで通りに.....。
アクセサリーを提案していけるようにしたいです。(本当に小さなサイトですが)

もちろん、被災地ではない地域にお住まいのみなさまにも
何か、パワーのような、お守りのようなものをお送りできたらと思います!

天然石や色の持つ"ちから"が、今回のコンセプト。
いろいろな素材を探す中で、初めてアコヤ真珠を仕入れられましたので、
そちらもどうぞご覧になってみてください。
どなたかの心に留まるアクセサリーがあれば嬉しいです。

オシラセいろいろ。_c0112142_53186.jpg


お店はこちらから→Trente-trois / un demi


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

発送に関するお知らせ

前回のお店のアクセサリーは、ただいま順に発送を開始しております。
長い間お待ち頂きまして、本当にありがとうございます。
11日までには、全てのお客様にお送りする予定ですので、
発送完了メールがまだ届いていらっしゃらないお客様、
今しばらくお待ちくださいませ。どうぞよろしくお願い致します。

全ての発送が完了しましたら、寄付3回目をする予定です。
これは今までと変わらず、こちらも細く長くずっと続けていきます!!

届いたよ!の嬉しいメール、お問い合わせのメール、本当にありがとうございます。
こちらも順にお返事しておりますので、どうぞ気長にお待ち頂けましたら幸いです。
by Mmegu33 | 2011-04-07 00:00 | 33.by Trente-trois
Blog Top